安心して過ごして頂くための「環境づくり」はもちろん、「人づくり」にも特に心がけています。

カミングホーム瑞穂 施設長樋口 香代子

20年以上保育に携わった後の、挑戦。

私は20年以上、保育士をしたり、幼児教室を開いたりと、保育にずっと携わってきました。しかしそれでは感じられる世界が狭いのではないかと思い、社会勉強のつもりで思い切ってカミングホームの事務員の募集に応募しました。
実は、他の保育園の園長をするというお声がけも頂いていたのですが、やはり「新しい世界が見てみたい」と挑戦。すると、偶然が偶然を呼び、いきなり施設長を任せていただけることに。
介護の世界ではまったくの初心者でしたので、まさに右も左もわからない状態。介護の学校に行きながら、行政との調整や施設内備品の購入、利用者募集・・・。うまくいっているかどうかを思い返す暇もない日々でした。
しかし、「答えがない」ことは保育も介護も同じ。利用者さんのことを一番に考えて行動を続けることで、どうにかここまでたどり着きました。自分の経験をベースとして、新たな経験を積む、貴重な体験をさせていただきました。

施設長はお家の「お母さん」的立場。

施設長の仕事はといえば、お家の「お母さん」役割なのではないかと感じます。施設全体を見渡して、小さな困りごとを見逃さずに対策をする。施設にいる全ての人に安心して過ごしてもらえるよう常に配慮する。
そして、安心して過ごしてもらうためには、物的環境づくりだけでなく人的環境づくりも必要だと感じています。スタッフの働きやすさや風通しの良さ、様々なことを潤滑に回すことも施設長の仕事の一つ。
日常の突然起こる困りごとの対処は、様々な角度から対策を取ることで、より利用者さんに安心して、幸せに過ごしていただける空間が作られるのだと考えています。

全ての方が「いちぶんのいち」であるように

一人ひとりに寄り添うことで頂ける最高の笑顔

働いていて、やはり一番嬉しいと感じる瞬間は、利用者さんから「嬉しい」「おいしい」「幸せ」と、心からの言葉を笑顔をいただくときです。
実際には難しく、歯がゆく思うこともあるのですが、「利用者さん」とひとくくりにせず「〇〇さん」という一人ひとりに向き合う、「いちぶんのいち」の気持ちを大切にして接することを心がけています。
それが通じて自分という存在を認めていただき、家や他の場所では話せないような気持ちを安心して話してもらえた時、自分にしかできない仕事なんだと本当に嬉しく感じます。

質の高いサービスを提供しています。

サービス付き高齢者向け住宅であるカミングホーム瑞穂では、スタッフ全員がヘルパーの資格を取得しています。スタッフ一人ひとりの経験も豊かで、専門性の高い内容の介護でもお受けすることができます。
また、カミングホーム瑞穂では、厨房で食事を全て手作りで提供しており、厨房専門のスタッフもおります。それぞれが得意分野を生かせる職場だからこそ、質の高いサービスをご提供することができると感じています。

「思わず体が動いてしまう体験」ができる場所。

目線を大切に。接遇を大切に。整理整頓を大切に。

仕事をする上で心がけていることはいくつかあります。子どもと接する時と同じで、目線を同じ高さにして話すよう心掛けています。当然利用者さんは自分の先輩ですし、何より気持ちを「共感」することが大切だと感じます。
そして、ちょっとした「言葉がけ」も常にするようにしています。「失礼します」「ここに段差がありますよ」「気を付けてくださいね」など、接遇の気持ちは忘れないようにしています。
また、簡単なことですが、全てのことの根源である「整理整頓」や「清掃」はスタッフにも徹底して伝えています。利用者さんに安心に、安全に過ごしていただける、すっきりとした職場づくりも大切なことです。

未来の後輩へ一言

カミングホームは、暖かく、思わず利用者さんが「ただいま」と言って入ってくれるような一人ずつのお家に近づけたいと考えています。そのためには、スタッフ同士思いやりを持って助け合い、寄り添いながら気配りし合える環境が不可欠です。
そのために、まずは自分の私生活、家庭、家族を大切にしてください。そして、その暖かで豊かな体験をもって、ぜひカミングホームに来てください。介護は「人」。今現在介護の職についていない人でも、
気配り、思いやり、豊かな経験があれば、きっとここで皆で楽しく豊かに働けると思います。皆さんと一緒に家族のように働けることを楽しみにしています。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ
Copyright 2020 名古屋市の有料老人ホーム・高齢者住宅ならカミングホーム